FC2ブログ

素敵な言葉たち 「志縁」

2011年11月28日(月)   


今日は、「志縁」という言葉を見つけたので、紹介します。


だれが言い出したのか、正確にはわかりません。
定義も実はよくわかりません。

支援むすびさんHP(URLはこちら)によると『「志縁」とは、コミュニティビジネスのさまざまな場面において、サポートすることもされることも固定的な役割ではなく、めぐりめぐっていくという意味』だそうです。

また、『「志縁者」とは、地域の人・文化・自然などあらゆる地域の資源を、未来まで豊かにたたえ循環させる、そのつなぎ目を担う人のこと』と定義しています。

なんか、いいですね。志縁者になりたいですね。

一般的には、志縁団体とは「ボランティア団体・NPO法人・スポーツクラブなど、特定の目的で集まった組織」を言うようです。


私がいいな、って思ったポイントを、ささやまファン倶楽部と絡めて以下に書きます。

農村には地縁組織、血縁組織があります。

地縁とは、「住む土地に基づく縁故関係(デジタル広辞苑)」です。集落という限られた空間の中に住む人の人間関係といえるでしょう。地縁組織という場合、自治会、婦人会、青年会、子ども会、町内会なんかを私は思い浮かべます。

血縁とは、「血すじをひく親族。血族。(デジタル広辞苑)」です。親戚ですね。田舎に行くと、同じ苗字の人がすごく多いですよね。私たちが関わっている真南条も小林さんと酒井さんばっかりです。「本家のかずお君」、「かずお君のせがれのたくや君」なんて言い方をする時は、血縁っぽいですよね。
血縁組織という場合、家単位、一族単位の集まりなんかを私は思い浮かべます。
真南条には、「株」という、同じ小林姓の人の集まりがあって、年に何回か集まって山の祠?の掃除をするそうです。こんなのも血縁組織っていえるでしょう。

ささやまファン倶楽部のメンバーは、今のところ全員都会人です。

地縁・血縁で結びついた、真南条の組織の1人にはなれません。

でも、志縁でならきっと繋がれると思うのです。

真南条をもっとこうしたい、真南条でこんなことをしてみたい、あんなこともできるんじゃないか。

趣味でもなんでもいい。
今やってるような「里山を再生しよう。子どもの遊び場、桜の名所にしよう」っていう志。
「養蜂しよう。生物多様性維持にも貢献できるし、蜂蜜取れて、加工品にもできるよ」って志。
「東屋作ろう。展望台になるし、遠くからでもよくわかる。引退した大工さんに技術を教えてもらおう」って志。
「喫茶しよう。おばちゃん達に集まって、よもや話をしてほしい。おばちゃん達のストレス発散、情報交換の場所を作ろう」って志

地・でも血でもなく、志に共感・共鳴した時、学生同士・学生と住民が一緒になってやれるんじゃないでしょうか。



ちなみに、ここで見つけました。(←ここをクリック:NPO里山ねっとの綾部里山交流大学「"志縁"による価値創出が時代を変える」というテーマより)



スポンサーサイト



スイカ割り

110820.jpg

すでに季節外れですが、8月に行ったスイカ割りの報告です!!
ブログへのアップが遅くなって申し訳ありません。


篠山でいただいたスイカを関、中村、菅原の3人でいただきました!!
本当は割りたかったのですが、場所がなかったため、切りました(笑)

良く見るスイカとは違う種類で、皮が真っ黒!!

切りまーす!!!


110820 411

中は、真っ赤!!!!

おいしそ~(^^)

110820413.jpg

おいしくいただきました♪
さすがに、3人では食べきれなかったので、残りはおすそわけしました(^^)


* * * * *


これで、書きためていたブログをすべてアップしました~

私の仕事が一つ片付きました…

ふぅ


文責:中村
写真:中村

素敵な言葉たち 「バッタリー村憲章」

2011年11月10日(木)   

2002年から二十四節気の日にNPO法人 里山ねっと・あやべ@京都・綾部さんが配信している、
「里山的生活メールニュース」
~ほんとうの21世紀の生き方、暮らし方をもとめて~
VOL.230/2011.11.08/立冬
に、素敵な文章があったので、転載させていただきます。


+-------------------------------------------------------------+


古今東西の先人のことばには、21世紀の生き方、暮らし方の
ヒントがあります。持続可能で多様性にあふれる新世紀のみんなの
知恵にしたく、紹介してまいります。


■21■ 未来をひらく 里山系のことばたち(230)「誇り」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
バッタリー村憲章

この村は与えられた自然立地を生かし
この地に住むことに誇りを持ち
ひとり一芸何かをつくり
都会の後を追い求めず
独自の生活文化を伝統の中から創造し
集落の共同と和の精神で
生活を高めようとする村である。

※岩手県にある山形村
(通称バッタリー村。現・久慈市)が
5戸18人(半分以上が65歳以上)になったとき
村の目標(バッタリー村憲章)を昭和60年に定めたもの。

(「地域を元気にする地元学~現場からの報告」
NPO法人日本エコツーリズムセンター編、発行)

【11/12】 厳夜祭出店します!

ささやま家ビラのコピー

11月12日(土)17:00~です。

場所はこちら
(阪急六甲駅下車、市バス16系統「六甲家ケーブル下行き」「国際文化学部前」下車、陸橋を渡り、徒歩2分)


翌3:00ごろまではやっているはずなので、12時過ぎてからでもお越しください。


農家さんとの交流コーナーもあります。

18:00~
20:00~


農家のお母さん手作りのコロッケ
も出品予定。

乞うご期待。


2011年10月30日(日) 枝豆まつり

2011年10月30日(日)  17:30~   @松川宅


鮮度のいいうちにゆでねば!
というわけで、急遽、枝豆まつり、という名の、枝豆湯で大会です。
さや豆で、全部で5キロくらいはあったかな?

全部やりました!

まずは、袋から出して
IMG_5467.jpg

いい、感じです。
IMG_5475.jpg

豆が食べる時、出やすいよう、また、塩気が十分入るよう、切り落としていきます。
IMG_5469.jpg
IMG_5470.jpg

枝豆は洗って塩もみ。
IMG_5472.jpg

ゆで終わったら、すぐ冷やす!
これで、緑がきれいに出る!
IMG_5473.jpg

売り方と量を考え中。
IMG_5478.jpg

終わった後は、もちろん、宴会でしょ。
ちょっと虫食いとか、ここでいただきます!
くー、ビールと合いマスなぁ。

IMG_5479.jpg
IMG_5480.jpg
IMG_5481.jpg


厳夜祭は11月12日(土)国際文化学部にて、17:00~です。

B203来てね~~~~


文、関   写真、関

2011年10月29日(土) 竹の器つくり&大山観光

2011年10月29日(土)   @篠山市大山地区  松尾さん宅

▼参加者:中村、菅原、関

(松川はユース六篠へ合流)

意見交換会の後は、夜も遅く、お泊りしたくをしていきました。

ひょんなことから、この日は、神戸大農学部のOBで、篠山市大山で農家をされている松尾さん宅に
お世話になりました。

篠山市フィールドステーションの近藤さんが、ビールも持たせてくれて、話が弾みました。
ほんとにありがとうございます!

次の日は、厳夜祭で使う、竹の器づくりに、中に入れる黒枝豆の調整にと、同時進行で進めています。
IMG_5400.jpg

こんにゃくの収穫。3年物です。
「これなんだと思う?」と松尾さん。「こんにゃくです!」と私。
「知らなかった!」と食いつきのいい菅原君。
「あげるよ!」という運びになりました。
3年もの、ありがとうございます!
IMG_5429.jpg

庭の柿が今年は生り年です。
空の青と壁の白とのコントラストが見事で思わずパシャり。
IMG_5428.jpg

枝豆大量にいただきました。
ありがとうございます!!
IMG_5410.jpg


「よっしゃ、大山の観光つれてったる」
と連れてきていただいたのは…
IMG_5441.jpg

とおーくに岩から岩へとかかる、橋が見えました。
これは、地元の人しか知らない穴場だなぁ。
IMG_5440.jpg

いちじく畑へ移動。
仕立て方や品種がいろいろ。
「へー」
IMG_5446.jpg

「採って食べ!」とご好意で、生り立て&初物をぱくり。
畑の端で食べるという、一番おいしい食べ方をさせてもらいました。
IMG_5442.jpg

こちらはキュウイの棚。
「メスの木と雄の木があるんよ」
斜面をうまーく利用して仕立てておられました。
「好きなだけ、採り!もう、定年過ぎだし、あんたらみたいなのを楽しませるためにつくっとるんよ」ってなんて太っ腹な…
松尾さん、ありがとうございます!
IMG_5458.jpg


話変わってこちらは、中村購入のささやまサイダーと黒豆ビール。
一生懸命、お持ち帰り。
厳夜祭で出します!!
IMG_5454.jpg


厳夜祭の仕入れにまで、付き合っていただきました。
秀月の酒かすあるかなー。
IMG_5449.jpg

残念、なかった!
次の手を考えます。
厳夜祭で出す、酒かすチーズケーキの材料になるんですよ!
IMG_5452.jpg

お世話になりっぱなしだった、松尾さんと、松尾さんの黒枝豆畑。
本当にありがとうございました!
松尾さんの黒枝豆は、厳夜祭で食べられますよ!
IMG_5459.jpg


文:関      写真:関

学生が地域に関わる意味

関です。ご無沙汰です。

10月28日の意見交換会を受けて、かんがえたことをツラツラと書きました。

長くなったので、事務局長日記のほうへ回します。


===============

「学生はいったい地域にとってどういう存在だろうか?(どういう存在でありたいのか?)」



これも、考えつづける価値のある問いだと思います。

住民の方の意見をお聞きしていて、ふっと思いついたのが、

「学生は住民の方たちの懐に入って爆発する小型爆弾だ」というものです。

学生という立場は、懐に入れてもらいやすい。

若さと熱意で何かと許してもらえる。度が過ぎるともちろんいけないが、この立ち場は他にない、有効なものに違いありません。

大学の教授だったら、地域の人は構えてしまう。何か教えて「くれる」ものだと思う。
学生はある程度「勉強できる奴」くらいの認識だけど、実際作業させてみるとてんで駄目だから、ついつい教えて「あげちゃう」。
私たちからすると、教えて「もらえちゃう」

これってすごいことです。構えずに、向こうから寄ってきてもらえる。
教えて「くれる」だろうっていう下心とかからではなく、なんかがんばってるし、付き合って「やろう」って思ってもらえる。

学生の立場は懐に入れてもらいやすいとはそういうことです。

そうして、懐に入った学生はどうするか?

その若さと無知さで住民の方の「当たり前」を壊しにかかる。

私は住民の方から「え、お前たち、そんなことも知らんのか」を引き出せたとき、すごくうれしい。
「当たり前」だと思っていたことが、価値のあるものだって気づいてもらえる一歩手前だから。

「○○っていいですよね。」

「え、そうなんですか、すごい!」

これも、よく使うフレーズです。狙って言っているのではなく、純粋に驚くからそう言葉にします。

住民の方からは
「そんなに驚いてもらえるとはな~」
「そんなに喜んでもらえるとはな~、たいしたもんじゃないんだけど。」
こんな言葉が返ってきます。

「たいしたもんじゃない」と思っていたものが、学生の目を通してみると、「すごく」て「目新しい」。
よく、ヨソモノ・若者・ばか者といわれますが、ヨソモノの視点で中の住民の人たちに、地域の資源を伝えられたとき、
それは何かが始まるスタートラインになりうると思うのです。

「せっかく桜を植えたのに、見に行く道もないんじゃもったいない」

そう言って始めたのが、ささやまファン倶楽部の活動でした。

私が話を持っていかなかったら、何も始まらなかったと思います。

地域の人にとって、そこに桜があるのは「当たり前」だし、それ以上に日常のやることに追われているから。

結果として、私が口にして、住民の人が乗ってくれて、今があります。

話を持っていって、すなわち懐でちょっと爆発してみて、よかったなぁと思います。


今回の意見交換で「住民の人は自信がないんです。きっかけになってください」という言葉をいただきました。

きっかけになり続けるためにも、「住民の方の懐に入ってちょっと爆発」していきたいと思います。

具体的には、「養蜂しませんか」「都市部で農産物販売させてもらえませんか」「一緒に学祭で、みなさんの美味しいコロッケ出してください」って話を持っていく。


何かが始まるかもしれないし、叩かれて終わるかもしれない。

でも、そうしたアイディアを持っていき続けることが大事だと思うのです。
それが、学生が地域に関わる意味だと思います。

2011年10月28日(金)意見交換会

2011年10月28日(金)  7:00~ 意見交換会 @篠山市フィールドステーション

IMG_5392.jpg


▼大学関係者:布施さん、長井くん(ユース六篠)

▼住民の方:女性3名、男性4名   市民プラザの方、市議会の方、農家の方、他大学学生など

▼参加者(ささやまFC):中村、関、松川、菅原


活動報告をしてきました。

10分程度です。

いただいたご意見を抜粋させていただきます。
メモから書いているだけですので、一部のみです。
ご了承ください。

「現状は学生が楽しんでやっている。活性化はしないよ。でも若い人が遊んでくれるのが大事。篠山にいる大人が彼らが遊べるようにどう手助けできるかが重要」

「地域にとって十分力になってるよ。自信をもって」

「『(住民の人の)目を開かせてあげよう』ではなく、そこに住んでいる人は自信がないんだよ。楽しんでいる姿を見せて」


「学生の活動は一体どういう効果があるのか」


「今の世の中は農『業』はできる。大規模にして収益性を出したらいい。里山など、収益性があがらないところは(農家の人だけでは)守れない。はぶいていかないとやっていられない部分。棚田のような零細な農地・里山はこのままだと駄目になる。」

「食と農はつながっている。そういう視点を持ってやってほしい。加工品など。」


「学んでやったらええがな」

「続いてね!」

====================

この後の質問の時間を受けて、考えたこと(答えたこと)を少しだけかきます。

よく聞かれる「それってどういう効果があるの?」に私たちは答えられません。
それは、住民の人たちの判断によります。

ただ、私たちにできることは、何かしらの成果から住民の方にかける負担を引いた値を大きくする努力をし続けるしかありません。

この場合、何かしらの成果とは、景観がよくなったとか、農産物がどれだけ売れて、住民の人の懐が潤ったとか、来る人が増えたとか、住民の人が私たちに指導することによって元気になったとか、があたるでしょう。これを増やす努力をする。

住民の方にかける負担とは、私たちが行くことによる、調整のコストやら、おみやげ持たせてもらうことやら、気疲れさせちゃうことやら、があたるでしょう。これを減らす努力をする。

例えに入れたものは一概に「成果である」「負担である」と区別できるものではなく、シチュエーションによっても変わってきます。私たちは、それを見極めないといけない。

見極めながら、負担を減らし、成果を挙げる努力をし続けることで、住民の人が評価してくれる効果につながると思います。
私たちは、その努力を怠らないことしかできません。


これが、しどろもどろしながら答えた、「学生がやってることの効果は何?」の今のところの答えです。

ビラ完成


厳夜祭のビラできました!


吉田さんの力作(^-^)/



みんな来てねー



プロフィール

sasayamafc

Author:sasayamafc
兵庫県篠山市の農村に継続して関わる学生サークルです。神戸大学農学部の農業・農村プロジェクト演習をきっかけに、農村の疲弊感や高齢化の現実を肌で感じ、なんとかしたい、篠山を盛り上げていこう!と学生有志で結成。主な活動内容は、篠山市真南条上集落の由利山の整備。5年後の桜の名所を目指して、回遊路を設置中。その他、農村の負担にならない、都市農村交流の在り方を模索中。2010年9月、結成。ML登録メンバーは農学部生を中心に約20名(2011年6月現在)。

会員募集中!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Twitter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR