FC2ブログ

2012.2.26 定例活動

定例活動での山道整備をリポートします!!
メンバーは6人で、今回もいつもお世話になっているYさんと作業しました!!

この日の日中の気温はなんと2℃!!((( ;゜ Д ゜)))
ひとまず作業前にたき火で体をあたためます!!
l_4653c5b9ab842ce467038671234d9e5d597d1bba.jpg

以前集めた柴の中から鳥の巣を発見しました!!
うれしそうです( ^ω^)
l_2cda09ea992220db7f734a21071c6e1bd0b06aac.jpg




雪がちらつく中、いよいよ作業開始です!!

道の状態を確認するおれんじズ。首の角度までおそろです(*^^*)
l_66ebe1f990afa401ae075c261f8b297e03e67b19.jpg


1時間ほど作業した後はお昼休憩&お楽しみです!!
今回は「焼きマシュマロ」に挑戦しました!!それぞれ思い思いのスタイルで焼いていきます。
とろとろになったマシュマロは絶品でしたよ~。
l_fdc99897b3a6d9d7bc792541afd19357bc20bebd.jpg



さて作業再開!!
斜面をつるはしで削っていると・・・
l_11f81fa528d9110dea72a9b5c6f6f7f83584ac38.jpg
なんとタケノコが!!ヽ( ゚д゚ )ノ初物ゲットです!!
新鮮な掘りたてのタケノコは神戸に持ち帰ってお刺身でいただきました!!幸せ~(*´∀`*)

しかし道づくりにおいて竹は最大の敵です!!
強い根が整地を邪魔します。チェーンソーの力も借りつつハンマーとつるはしで根を取り除いていきます。
写真の根とは20分以上格闘しました・・・。
l_e4c17068e776f67e4fbdae76183b137de245e7ac.jpg

今回は10m以上も道を伸ばすことができました!!
次回には現在作業している区画の山道の整備が終わる見込みです。



また今回はミツバチの巣箱の設置作業も行いましたが、これについては次回のブログで報告したいと思います。



文責:菅原
写真:関
スポンサーサイト



ナシ園整備

遅ればせながら2月21~22日に行われたナシ園整備の活動報告をさせていただきます!!
ささやまファン倶楽部からは松川・鈴木・小野・菅原の4名、そして研究室からという形で天羽さん・河原さんの両大先輩も参加しました!!

作業中は日焼けするほどの好天でしたが朝晩はやはりとても冷え込みます((;゜Д゜)
いつも作業している由利山にも雪が残っていました。
DSC_0385_001.jpg


一緒に作業するのはいつもお世話になっている真南条上営農組合のみなさんと神戸大学大学院農学研究科附属食資源センター片山研究室のみなさんです。
今回の活動は地元住民の方と研究室とが協力して耕作放棄地を活用し、山などに自生する「ヤマナシ」を栽培する取り組みのお手伝いです。
栽培したナシはジャムやお酒などに加工されて販売する計画だそうです。


農地は20年以上利用されていなかったということもあり一面ササで覆われていました。
何度かトラクターで掘り返してもこの状態。
DSC_0405_001.jpg

トラクターやユンボの力を借りつつ鎌などでササを根から取り除いていきます。
1日終わってようやく畑らしくなってきたでしょうか(^^)
DSC_0399_001.jpg

作業が終わってから温泉に行って汗を流した後は地元住民の方を交え交流会をしました!!
すき焼きおいしかったですねー(´ω`●)
2012_02_20_19_34_10_convert_20120222212242.jpg




2日目はまずユンボでナシの木を植える穴を掘り
DSC_0412_001.jpg

その周辺の根を集中的に取り除いていきます。
DSC_0410_001.jpg

最後にはここまできれいになりました!!(゚Д゚)ドロドロになりながら作業したかいがありましたね(^^)
営農組合の方も片山先生も満足の出来栄えでした!!次回の植え付けが楽しみです!!
DSC_0420_001.jpg



今回の活動は神戸新聞紹介されました。
神戸新聞 耕作放棄地をナシ園に
しれっと写りこんでるメンバーが1名・・・。
こちらもご覧ください(*^^*)



文責:すが
写真:すが

味噌作り

篠山での味噌作りを体験を報告します!!
真南条上営農組合の皆さんのご指導の下、メンバー3人が参加しました。

l_023c393371f8fd2f8f5b4e53580b8250af57abbc[1]

味噌作りに使う黒豆です!
黒豆のお味噌とは、なんとも贅沢ですね(*^^*)
一晩、水につけてくださっていたので、ぷっくりふくらんで桶からあふれそうです(゜゜;)

IMG_3974.jpg

ここで登場したのは、大人1人では持てないほどの大鍋!!

IMG_3977.jpg

この大鍋で黒豆をたいていきます。

IMG_3985.jpg

「すごい湯気ーーー!!!」

l_6350e40a4adb6a85a8686247a0fea6e2870fbc8d[1]

大量の黒豆!!
柔らかくなるまで、3時間ほどたきます。

l_2d35b7a46c3be7c83f20c97d1a502aad504753e5[1]

黒豆がたけるまで、参加者の方たちとお昼ごはん作りをしました♪
時折、雪がちらつく中でしたが、お料理のコツや野菜作りのお話をしていると、寒さも忘れるほどでした!

l_c57a4fa1bca46b6a917e6ab0f9691be0b1a89eeb[1]

お昼ごはん、完成!
メニューは豚汁と真南条上のおいしいごはん♪
体の芯まであたたまるおいしさでした(^q^)

IMG_3991.jpg

食後はいよいよ味噌を仕込みます!
まずは米こうじと塩を混ぜます。
この米こうじは、営農組合の皆さんの手作りなんですよ!
ありがたく使わせていただきます。
ポイントは、塩をこうじにまんべんなくいきわたらせること。
偏っていると、味噌に辛い部分と甘い部分ができてしまうからだそうです。

IMG_3996.jpg

ふっくらとたけた黒豆を機械でつぶします。
つぶした黒豆は、まるであんこのようですね!
つぶした黒豆は、うちわや扇風機を使って冷まします。
あたたかいままだと、こうじ菌が活性化して発酵が進んでしまうからだそうです。

IMG_4000.jpg

黒豆が冷えたら、さきほどの米こうじとつぶした黒豆を混ぜます。
これがなかなかの重労働!
こうじ菌が黒豆の水分を吸うので、だんだん固くなってきます。
黒豆の煮汁を足してのばしながら、ひたすら混ぜて、こねます!
翌日、私は背中が筋肉痛になりました(- -;)

l_c23d5bf50c9766fd4f3ca01fffd6590f77af4a4a[1]

こねて、こねて、こねまくります。
見た目は、あんこ…
というより、サーティー○ンの大納言小豆アイスのよう…?
手で、ぎゅっと握ったときに、にゅるっと出てくるくらいの柔らかさになるまでこねます。

IMG_4001.jpg

こねおわったら、空気を抜きながらビニール袋にいれ、袋ごと、漬物用の桶に詰めます。
しっかり空気を抜いて、袋の口を締め、塩で表面を隙間なく埋めます。
空気を抜くのは、空気が入っているとカビが生える原因になるため、
塩で表面を埋めるのは、塩のバリアを張ることで、カビの侵入を防ぐためだそうです。

さらにこの上に重しをおいて、涼しいところに保管します。
夏の暑さで発酵が進むので、食べられるようになるのは今年の10月ごろだそうです。

カビが生えないことを祈りながら、蓋を閉めます(>人<)
完成するのが楽しみです♪

メンバーは全員、味噌作りは初めてでしたが、皆さんのご協力のおかげで、なんとか仕込めました!
本当にありがとうございました!!


文責:中村
写真:伊崎、中村

新★年★会

1月29日に遅ればせながら、ファン倶楽部の新年会を行いました!!

メンバーの下宿でお鍋♪
なんと豪華にカニ鍋をしました!!
実は、ファン倶楽部メンバーの社会人の方にカニをいただいたんです!
ありがとうございます~(*^^*)

l_febcafb546c3b246030916d2bbeca6a5a775f22c.jpg

みんなで準備中。
ちょっとお野菜買いすぎました!!
食べれるかな~(><)

l_593da49e6bfd2747af5b22a53eabc97d40f24f93.jpg

そして、いよいよカニさんの登場でーす!!!
わーーーーい v(^^)v

l_6654919a459bf17e360254d17006d8fbea2bcc6d.jpg

お鍋、かんせーい!!!!
「いただきます♪」

l_01c2ddd0e545d0c4d3e7233106d85378c1d94c5f.jpg

カニ鍋に舌鼓を打つメンバーたち★
「おいし~い♪」

l_b7ff5a07235a17e7ce6b72ca95f9d3597dcd1ae2.jpg

満を持して、蒸しカニ登場ー!!!!

l_d5c6073b0027dbf1d188f94b35659b9e4d115aef.jpg

喜ぶメンバーたち★
「やったー!!」

l_a9e6edd22c0aabc9da736f9eabb8fefef189fff6.jpg

テスト勉強中のメンバーも登場!!
勉強疲れも吹っ飛ぶおいしさに、この笑顔(´▽`*)

l_d28ee2443e6a51919bc6e81230a6eae6033db744.jpg

続々と集まるメンバーたち。
長野土産のお酒も登場♪

久しぶりの豪華なご飯で、元気がつきました!

ちょうど今は、テストに卒論に、就活に…大学生はどの学年も忙しい時期です。
こうして集まって、元気を充電して、それぞれに乗り越えて行きたいと思います!

次回のファン倶楽部の活動もぜひ、ご期待くださいね!!


文責:中村
写真:松川、納庄、中村
プロフィール

sasayamafc

Author:sasayamafc
兵庫県篠山市の農村に継続して関わる学生サークルです。神戸大学農学部の農業・農村プロジェクト演習をきっかけに、農村の疲弊感や高齢化の現実を肌で感じ、なんとかしたい、篠山を盛り上げていこう!と学生有志で結成。主な活動内容は、篠山市真南条上集落の由利山の整備。5年後の桜の名所を目指して、回遊路を設置中。その他、農村の負担にならない、都市農村交流の在り方を模索中。2010年9月、結成。ML登録メンバーは農学部生を中心に約20名(2011年6月現在)。

会員募集中!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Twitter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR