FC2ブログ

2010年9月27-28日 新歓イベント★

2010年9月27ー28日(火、水) 篠山市 真南条集落にて

                             写真:経4回Iさん、文:農4回ジェーン

記念すべき、初★ささやまファン倶楽部での真南条ですよ~~

みんなに楽しんでもらうのを第一に、やってまいりました~~

バスに揺られて1時間半…

JAが運営する直売所、「味土里館」に寄った後は、バスは宿泊先の丹波の家へ。
龍蔵寺の和尚さんがご好意で貸してくださったところです。

【1日目】 集落散策 & 里山学習会 & バーベキュー

竜造寺
これは龍蔵寺の本堂。
90パーセント以上を龍蔵寺の持ち物である、山の人工林から作ったそう。
何年か前の台風で、山が崩れて崩壊、その後立て直したそうだ。
和尚さんは、その後、山の治水能力の大事さをあらためて気づいて、
人工林の手入れを、県の事業やボランティアでやっている。

炭焼き
炭焼き釜のあとを説明する私。
山の木は燃料として伐られ、定期的に人の手が入っていた。
山と人の生活を結び付けてくれる遺産。
復活させたいな~

龍蔵寺は昔、修行僧の修行場だったから、彼らが使っていたものだろう。
ここは集落からは大分離れている。

灰や
壊れかけた、灰屋。これはこの地域独特のもので、山で採ってきた枝や葉っぱをこの中で燃やして灰にする。
それを畑にまいて肥料にする。カリをこうやって供給していた。
へーって思う。
ヤマと田んぼ、畑を結びつけるものなのだ。
土壁の内側は煤で黒い。


家
放棄されてずいぶんたつ、茅葺屋根の家。
目の前にはコスモスが咲き、柿がオレンジ色の実を付けている。
でも、それを採る人はもういない。
昔話にでてきそうな、そんな家。
田舎には活かせる資源がいっぱいある。

彼岸花
1週間前にはみられなかった、彼岸花が見ごろを迎えていた。
妖艶なその色に吸い込まれそうだ。

石田先生
里に下りてきて、勉強会。人と自然の博物館の石田先生に講義をしていただく。
地元の地主さんも一緒に、ね。

山2
ヤマに入って現地実習。昼だというのに、山の中は暗い。
私達はここを明るくして、道をつけて回遊できるようにする。

山
ちょっとした頂上につくと、そこはいい景色が広がる。
マツ枯れした跡地に、森林組合が桜を植えて育てている、桜菖園だ。
道を付けるのは、この資源を活かすためでもある。

景色
3年後のここはどうなっているのだろうか?

バーベキュー2
夜はもちろん、住民の方とバーベキュー!!

バーベキュー
勢いアマってファイヤー!!
野菜はもちろん、篠山産です。

【2日目】 作業&バームクーヘン作り

午前中きっちり作業をして、(お見せできなくて残念)
ヒサカキなど、低木の照葉樹を切り倒しては林外へ運びました!
地元の森林組合のお3方に手伝っていただきました!
鎌もろくに使えない学生が1から頑張ります。

作業所「ひだまり」のおいしいお弁当を食べた後は、作業班と、バームクーヘン班に分かれます。
バーム
ホットケーキミックスとバターを混ぜた生地を、竹筒を熱したものにかけていきます。
ひたすら、根気の作業です。
地元の方「できるんかいな~」


バーム3
おっきくなってきました。
やればできる!!
(この時点で2時間)
そして、伝説のコンビが生まれました。
来年の新歓も乞うご期待!だねっ★

バーム2
完成品です。
めちゃうま★

食べるのは15分でなくなりました。
作業の後の甘いものはえーのー


以上、ジェーンでした!!
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

sasayamafc

Author:sasayamafc
兵庫県篠山市の農村に継続して関わる学生サークルです。神戸大学農学部の農業・農村プロジェクト演習をきっかけに、農村の疲弊感や高齢化の現実を肌で感じ、なんとかしたい、篠山を盛り上げていこう!と学生有志で結成。主な活動内容は、篠山市真南条上集落の由利山の整備。5年後の桜の名所を目指して、回遊路を設置中。その他、農村の負担にならない、都市農村交流の在り方を模索中。2010年9月、結成。ML登録メンバーは農学部生を中心に約20名(2011年6月現在)。

会員募集中!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Twitter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR