FC2ブログ

2010年11月21日 定例活動②  ~コナラ林編~

2010年11月21日(日) 篠山市 真南条上集落にて

                             写真:経4回Iさん、文:農4回ジェーン
午前中の作業は、定例活動①でお伝えしました。
ずばり、道づくり。
こっちは、村有林で、私達が自由に作業していいところ。

お昼休憩した後は、せっかくなんでお手伝いします、と地元の方の本日の主目的、
コナラ林の除伐を行いました。
こっちは、民有林で、1ヘクタールもないようなところに、6人も地主さんが
いるんです。

日本の森林所有の零細性を改めて感じました。

それはさておき・・・・

さっきの山と池を挟んで向かいのようなところです。地続きです。
いつか地図あげたいな。
地図はまた後日あげるとして・・・

午後の場所の様子を見ていきましょう。
夕陽4
コナラ林の外観はこんな感じ。
手前の盛り土が池の縁ですね。
画面の左手から回りこんで右側へ入っていきます。

私1
林内での作業。足場が悪い中、ヒサカキの下枝を落としているところ。

私2
鉈鎌(なたがま)で「えいっ」て力を入れてやってもなかなか上手くいきません。

松川
こんな感じの林間が
(農1回Mくんがかわいい♪)

除伐住んだ
除伐でこんな感じになりました。
うん、あかるくなった!
ササと藤づるがひどかった。
そして、地元の方は私達の2倍くらいは作業効率がよかった。
その分は2倍動こうと思う。

竹夕陽
こんな感じで竹が侵入しているのだが、

成果 竹伐り下部

手前に竹の切り株見えるかな?
発達4回のTくんがひたすら、竹伐ってくれました。

竹は生長が早いばっかりに、最初の1本から円周状に広がっていきます。
昔は、農具やら民具やらに欠かすことのできないもので、
必要に応じて伐ってたけど、今はそういう利用がプラスチックの登場でなくなっちゃった。
必要ないから、伐らない。どんどん広がる。

竹に侵入された林は、竹の方が背が高かったりすると、枯れちゃう。
そうすると、竹単一の多様性のない森、貧弱な森になる。
竹は、何十年かに1回一斉に花を咲かせて枯れる。
その時に、竹ばっかりの森になってたら、あら大変。一気に山が汚くなっちゃう。
竹の根は浅いから、水をあんまり蓄えなくて、水源涵養の森の機能も損なわれる。

そういう問題が日本全国で起きています。

今回のT君の活躍は、10m×10m程度の範囲で、日本の国土に比べたら微々たる物だけど、
それでも大きな一歩だと私は思います。


これからこの森がどうなっていくか、今から楽しみです。



スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

sasayamafc

Author:sasayamafc
兵庫県篠山市の農村に継続して関わる学生サークルです。神戸大学農学部の農業・農村プロジェクト演習をきっかけに、農村の疲弊感や高齢化の現実を肌で感じ、なんとかしたい、篠山を盛り上げていこう!と学生有志で結成。主な活動内容は、篠山市真南条上集落の由利山の整備。5年後の桜の名所を目指して、回遊路を設置中。その他、農村の負担にならない、都市農村交流の在り方を模索中。2010年9月、結成。ML登録メンバーは農学部生を中心に約20名(2011年6月現在)。

会員募集中!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Twitter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR